お金借りるアプリを全網羅、特徴や融資を受ける方法を解説

手軽にお金を借りたいのであれば「アプリ」を使った借り入れがおすすめです。

今ではスマートフォンが生活に欠かせないアイテムになっていますが、消費者金融のアプリを使った借り入れであれば「来店不要」「即日融資」による借り入れが可能です。

また大手消費者金融のアプリであれば「スマホATM取引」が付いているので、ローンカードが不要になり、コンビニATMからスマホだけで借りられます。

本記事を読んで分かること
  • お金を借りられるおすすめのアプリ14選
  • アプリでお金を借りる方法と流れ
  • 「消費者金融アプリ」ならアプリだけで借りられる
  • 「銀行アプリ」は申込のみでアプリ内では借りられない
  • 即日融資で借りたいなら「消費者金融アプリ」がおすすめ
  • 低金利で借りたいなら「銀行アプリ」がおすすめ
  • より手軽に借りたいなら「LINE」や「決済系アプリ」がおすすめ

こちらの記事では「お金を借りられるアプリ」を網羅的に紹介しています。

アプリごとに特徴やおすすめの方など詳しく解説しているので、アプリでお金を借りたい方がいればぜひ参考にしてみてください。

お金が借りられるアプリは主に「消費者金融アプリ」「銀行アプリ」「スマホ決済アプリ」の3つ

お金が借りられるアプリは大きく「消費者金融アプリ」「銀行アプリ」「スマホ決済アプリ」に分けられます。

「消費者金融アプリ」や「銀行アプリ」などは、各金融機関が提供している個人向け融資の「カードローン」と紐付けされているため、うまく活用することによって、より手軽にお金が借りられます。

比較項目 消費者金融アプリ 銀行アプリ スマホ決済アプリ
即日融資
(一部のアプリは可能)
金利年3.0〜18.0%年2.0〜14.0%年3.0〜18.0%
借入金額1万円〜800万円10万円〜800万円1万円〜300万円
アプリからの借入・返済
(一部のアプリは可能)
スマホATM取引
(一部のアプリは可能)
カメラを使った必要書類の提出

それぞれのアプリごとに特徴があり、消費者金融アプリであれば「即日融資」で借りられ、さらに「スマホATM取引」を利用すればローンカード不要の借り入れも可能です。

「スマホATM取引」とは…

「スマホATM取引」とは、主にコンビニATM(セブン銀行・ローソン銀行)で利用できるスマートフォンを使った取引サービスのこと。

ATMに表示されるQRコードをスマートフォンに読み取らせるだけで、ローンカードが不要が不要になり、より手軽に借入・返済が行えます。※消費者金融によって利用できるコンビニATMは異なります。

また大手消費者金融の公式アプリ(アイフルやプロミスなど)であれば、アプリ内で申し込みから借入・返済まですべてが完結します。

消費者金融アプリ
カードローンアプリ金利借入金額審査スピードアプリ内での借入・返済
アイフル(キャッシングローン)アイフル年3.0〜18.0%1万円〜800万円最短即日
プロミス(フリーキャッシング)アプリローン年4.5〜17.8%1万円〜500万円最短即日
SMBCモビット(モビットカード)SMBCモビット公式スマホアプリ年3.0〜18.0%1万円〜800万円最短即日
レイクALSAe-アルサ年4.5〜18.0%1万円〜500万円最短即日
アコム(カードローン・キャッシング)myac(マイエーシー)年3.0〜18.0%1万円〜800万円最短即日
オリックス・クレジット(vipローンカード)オリックス・クレジット公式アプリ年1.7〜17.8%30万円〜800万円最短即日

一方、銀行アプリは地方銀行などもリリースしているところがあり、消費者金融よりも低い金利で借りられることが大きな魅力です。

今回は以下5つの銀行アプリを紹介しますが、PayPay銀行以外であれば10万円の借り入れでも年14.0%ほどの金利に抑えられます。

銀行アプリ
カードローン アプリ 金利 借入金額 審査スピード アプリ内での借入・返済
楽天銀行スーパーローン楽天銀行アプリ年1.9〜14.5%10万円〜800万円数日程度
三井住友銀行カードローンカードローンアプリ年1.9〜14.5%10万円〜800万円最短翌営業日
(振り込みでの借り入れのみ)
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)バンクイック年1.8〜14.6%10万円〜500万円最短翌営業日 
りそな銀行カードローンりそなグループアプリ年3.5〜13.5%10万円〜800万円1週間以内
(繰上返済のみ)
PayPay銀行カードローンPayPay銀行アプリ年1.59〜18.0%10万円〜1,000万円最短翌営業日

ただ銀行アプリは、カードローンの申し込みをサポートするだけで(本人確認書類アップロード機能など)アプリからの借り入れや返済まではできない場合が多くなっています。

今回紹介している銀行アプリのなかでも、アプリ内で借り入れと返済の両方ができるのは「PayPay銀行アプリ」のみです。

そのため銀行アプリは消費者金融アプリと比べると、利用するメリットや利点をあまり感じられない方もいるかも知れません。

とは言え、銀行のカードローンであれば低い金利で借りられ、一部の銀行アプリでは振込キャッシングや繰上返済などもできるものもあります。

その他にも、今ではスマホ決済アプリの「auPAY」や「PayPay」無料通信アプリの「LINE」といたアプリでもお金を借りられます。

決済アプリ
サービス名アプリ金利借入金額審査スピードアプリ内での借入・返済
LINEポケットマネーLINE年3.0〜18.0%5万円〜300万円1週間程度
auPAYスマートローンauPAY年2.9〜18.0%1万円〜100万円最短30分
PayPay銀行カードローンPayPay年1.59〜18.0%最大1,000万円最短翌営業日

特に「LINE」は多くの方が利用しているアプリなので、初めて借り入れを検討する若い世代にも借りやすくておすすめです。

これらのアプリごとに特徴やおすすめの方など、それぞれ詳しく解説していきます。

おすすめの消費者金融アプリ6選|消費者金融アプリなら「最短即日」「スマホATM取引」で借りられる

近くのコンビニにあるセブン銀行、ローソン銀行などのATMで借り入れが可能

消費者金融アプリの強みは「最短即日融資」「スマホATM取引」で借りられること。

金利は銀行カードローンよりも高めですが「今すぐお金が借りたい!」といった方であれば、消費者金融アプリがおすすめです。

また、大手消費者金融であれば「無利息期間」があるため、初めての方なら一定期間は利息0円で借りられるカードローンもあります。

「アイフル公式アプリ」はコンビニATM取引メイン・生体認証できない方におすすめ

大手消費者金融のアイフルは、唯一の独立系消費者金融(銀行の子会社ではない)として、さまざまな個人向けローン商品を提供しています。

銀行傘下に属していないため、審査基準などは自社ベースで設定可能になっており、勤め先への在籍確認なども基本的には行っていません。

そんな独自路線を進むアイフルでは、公式アプリの「アイフル」をリリースしています。

アプリアイフル
金利年3.0〜18.0%
借入金額1万円〜800万円
審査スピード最短即日
無利息期間初回契約日から最大30日間
アプリでの借入・返済○(振込キャッシング・スマホATM取引)
必要書類アップロード機能
スマホATM取引セブン銀行ATM/ローソン銀行ATM
生体認証サービス○(顔認証・指紋認証)
借入状況確認サービス
その他の便利機能増額の申し込み一秒診断/店舗検索返済シミュレーション
アプリの評価値(件数)Apple Store:2.7(184件)
Google Pay:3.6(424件)
※2021年6月22日時点

大手消費者金融公式アプリと言えば、ローンカードが不要になる「スマホATM取引」が大きな魅力です。

アイフル公式アプリであれば「セブン銀行ATM」と「ローソン銀行ATM」の2つのコンビニATMが利用できます。

アイフルならローソン銀行のATMでも借り入れできる

他の大手消費者金融アプリ(レイクALSA・SMBCモビット・アコム)の場合には、セブン銀行ATMのみの利用に限られます。

そのため、「スマホATM取引をメインに借り入れしたい!」といった方であればアイフル公式アプリがおすすめです。

アプリの特徴 おすすめの方
・スマホATM取引が「セブン銀行」と「ローソン銀行」の2行に対応
・4種類のログイン方法がある(生体認証・PIN・パスワード・パターン)
・一秒診断で審査の期待値がすぐ分かる
・返済シミュレーションで返済計画を立てやすい
・「スマホATM取引」をメインで利用したい方
・生体認証に対応していないスマートフォンの方
・会社への在籍確認をされたくない方

その他にもアイフル公式アプリには「4種類のログイン方法」が用意されていることも大きな特徴です。

生体認証だけでなく、「PINコード」や「パターン識別」といったログイン方法も用意されているので、古い機種のスマートフォンの方でも安心して利用できます。

プロミスの「アプリローン」は契約後すぐ借りない方・お得なクーポンを利用したい方におすすめ

プロミスの「アプリローン」も、セブン銀行とローソン銀行の2つのコンビニATMに対応しています。

無利息期間は❝借入日の翌日❞からの適用となるので、「契約後すぐには借りないよ」といった方にもおすすめです。

アプリアプリローン
金利年4.5〜17.8%
借入金額1万円〜500万円
審査スピード最短即日
無利息期間初回❝借入日❞から30日間
アプリでの借入・返済○(振込キャッシング・スマホATM取引)
必要書類アップロード機能
スマホATM取引セブン銀行ATM/ローソン銀行ATM
生体認証サービス○(顔認証・指紋認証・声認証)
借入状況確認サービス
その他の便利機能増額や限度額の変更
三井住友VISAプリペイドへのチャージ
LINEチャットサービス
店舗・ATM検索
返済・利息シミュレーション
アプリの評価値(件数)Apple Store:2.6(218件)
Google Pay:3.5(790件)
※2021年6月22日時点

借入方法はスマホATM取引の他にも、指定口座に入金できる「振込キャッシング」があり、24時間いつでもアプリから借りられます。

また、プロミス会員優待サービスの「おとくらぶ」や「アプリdeクーポン!」といったお得なクーポンを利用できることもアプリローンの特徴です。

「おとくらぶ」の利用によって、国内外の宿泊施設やレジャー施設などを優待価格で利用出来るようになっており、「アプリdeクーポン!」なら対象店舗での買い物がお得になります。

参考サイト:おとくらぶ公式サイト

アプリの特徴おすすめの方
・スマホATM取引は「セブン銀行」と「ローソン銀行」の2行に対応
・プロミス会員優待サービス「おとくらぶ」のクーポンが利用できる
・「アプリdeクーポン!」が利用できる
・三井住友VISAプリペイドへアプリからチャージできる
・「スマホATM取引」をメインで利用したい方
・「おとくらぶ」や「アプリdeクーポン!」を利用したい方
・ 三井住友VISAプリペイドカードを持っている方
・契約後にすぐ借り入れしない方

さらに三井住友VISAプリペイドカードへのチャージも行えるので、普段から利用している方であればアプリローンが便利に使えておすすめです。

「SMBCモビット公式アプリ」ならWEB完結で勤め先への電話(在籍確認)をナシにできる

SMBCモビットの公式アプリから「WEB完結」で申し込むことで勤め先への在籍確認をナシにできます。

利用するには、三井住友銀行口座や三菱UFJ銀行口座など指定の口座を持っている必要がありますが、会社に電話されたくない方であれば、SMBCモビットアプリからWEB完結で申し込むのがおすすめです。

この「WEB完結」とは、WEBから申し込みと契約を済ませ、さらにそのままWEBで借り入れする(振込キャッシング)ことを言います。

アプリSMBCモビット公式スマホアプリ
金利年3.0〜18.0%
借入金額1万円〜800万円
審査スピード最短即日
無利息期間
アプリでの借入・返済
必要書類アップロード機能
スマホATM取引セブン銀行ATM
生体認証サービス○(指紋認証・顔認証・声認証※顔・声はAndroidのみ)
借入状況確認サービス
その他の便利機能「Myモビ」からの増額審査の申し込み
オンライン本人確認(コンビニ・郵便局でカード受取時)
アプリの評価値(件数)Apple Store:2.7(381件)
Google Pay:3.2(980件)
※2021年6月22日時点

振込キャッシングは24時間いつでもアプリから利用できるため、最短3分という早さで借入可能です。

入金される預金口座は最大3つまで登録できるので、普段から口座を使い分けしている方にも不便なく利用を始められます。

また、アプリのTOP画面には「Tポイントサービス」や「インターネット返済」などがあり、TポイントやPay-easyを使った返済が可能です。

その他にも「オンライン本人確認」という機能もあり、コンビニや郵便局でローンカードを受け取る際にはアプリのカメラ機能で本人確認の手続きが行えます。

アプリの特徴 おすすめの方
・最短3分の振込キャッシング最大3つまでの預金口座登録
・Tポイントの付与(返済時)
・TポイントやPay-easyで返済できる
・Pay-easy経由での返済(月10回まで手数料無料)
・オンライン本人確認ができる
(コンビニや郵便局でローンカードを受け取る時にスマホATM取引は「セブン銀行」のみ )
・生体認証するには「生体認証アプリ」が必要
・複数口座を登録したい方
・ Tポイントを利用している方
・ Pay-easyで返済したい方
・ コンビニや郵便局でローンカードを受け取りたい方
・ 会社への在籍確認をされたくない方
※三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座が必要です

さまざまな機能があるSMBC公式アプリですが、無利息期間サービスはありません。

「1ヶ月だけ借りたい」など、短期的な利用の方は他の大手消費者金融アプリがおすすめです。

スマホATM取引に関してはセブン銀行ATMしか対応しておらず、ローソン銀行ATMでは利用できません。

レイクALSAの「e-アルサ」なら「長期無利息期間」で借りられる|スマホATM取引は返済のみ

新生銀行グループが提供している消費者金融のレイクALSAには、公式アプリとして「e-アルサ」があり、初めて利用する方であれば60日間無利息で借りられます。

また、5万円までの借り入れであれば180日間無利息を選べるので(※60日間無利息との併用はできません)、無利息期間を重視した借り入れをしたい方であれば「e-アルサ」からの申し込みがおすすめです。

アプリe-アルサ
金利年4.5〜18.0%
借入金額1万円〜500万円
審査スピード最短即日
無利息期間初回契約日から60日間無利息(WEB申し込み限定)
初回契約日から180日間無利息期間(5万円まで)
アプリでの借入・返済
必要書類アップロード機能
スマホATM取引セブン銀行ATM(返済のみ)
生体認証サービス○(顔認証・指紋認証)
借入状況確認サービス
その他の便利機能お借入診断ご返済シミュレーション
アプリの評価値(件数)Apple Store:2.8(44件)
Google Pay:2.7(126件)
※2021年6月22日時点

アプリの機能としては「お借入診断」や「ご返済シミュレーション」などがあり、契約前の審査の期待値や、借入後の返済計画をアプリを通して簡単に行えます。

また、アプリであれば会員ページにもアクセスしやすく、スムーズにログインできることも利点になります。

アプリの特徴 おすすめの方
・お借入診断で借入可能かすぐ分かる
・アプリから会員ページへ簡単にログインできる
・スマホATM取引は返済しかできない 
・「無利息期間60日間」で借りたい方
・借入金額5万円以下の方(180日間無利息期間)
・スマホATM取引を利用しない方 

ただ「e-アルサ」のスマホATM取引は、セキュリティ上の観点からか返済だけに限られ(2020年12月23日から)、その点がややデメリットです。

現状(2021年6月時点)、「e-アルサ」のスマホATM取引では借り入れができません。(返済は可能です)

スマホATM取引を利用しない方であれば特に不便を感じませんが、スマホATM取引を利用したいのであれば、他のアイフルやプロミスなどの公式アプリがおすすめです。

アコムの「myac(マイエーシー)」なら返済日のうっかり忘れを防げて返済計画も立てやすい

大手消費者金融のなかでも老舗のアコムにも公式アプリとして「myac(マイエーシー)」をリリースしています。

スマホATM取引はセブン銀行ATMのみに対応が限られますが、振込キャッシングであれば最短1分での借り入れが可能です。

また、アコムの返済サイクルには「毎月払い」の他にも「35日ごと」の返済があるので、余裕のある返済をしたい方にも相性良く使えます。

アプリmyac(マイエーシー)
金利年3.0〜18.0%
借入金額1万円〜800万円
審査スピード最短即日
無利息期間初回契約日から30日間無利息
アプリでの借入・返済
必要書類アップロード機能
スマホATM取引セブン銀行ATM
生体認証サービス○(指紋認証・顔認証)
借入状況確認サービス
その他の便利機能プッシュ通知でお知らせ(支払い3日前・当日)
増額審査の申し込み
アプリの評価値(件数)Apple Store:2.9(104件)
Google Pay:3.7(527件)
※2021年6月22日時点

「myac」の主な便利機能としては、返済日の3日前と当日にお知らせしてくれる「プッシュ通知機能」があります。

「プッシュ通知機能」の設定を済ませることによって、返済日をうっかり忘れるのを防ぐのに便利で、返済の管理を徹底したい方にもおすすめです。

アプリの特徴 おすすめの方
・24時間・最短1分での振込キャッシング
・支払い日の3日前と当日にプッシュ通知で知らせてくれる
・トップページで利用可能額や返済日を確認できる 
・利用可能額や返済日をすぐにチェックしたい方
・返済日の管理を徹底したい方
・「35日ごと」に返済したい方

また、「myac」のトップページには利用可能額や返済日が数字とグラフで表示されているので、ひと目で「あとどのくらい借りられるか」「いつまでに返せばいいのか」が分かります。

アプリを起動するだけでそれらの情報をすぐに確認できるので、より返済の管理しやすいことが「myac」の特徴です。

「オリックスvipローンカード公式アプリ」ならまとまった資金を借りやすい

カード会社でもカードローンを提供しているところは多く、なかでもオリックスクレジットの「vipローンカード」は旅行やレンタカーを利用する方にはおすすめです。

公式アプリもリリースされており、WEB契約で申し込むことで、即日融資(即契)で借りられます。

アプリオリックス・クレジット公式アプリ
金利年1.7〜17.8%
借入金額30万円〜800万円
審査スピード最短即日(WEBから申し込み)
無利息期間
アプリでの借入・返済
必要書類アップロード機能
スマホATM取引
生体認証サービス
借入状況確認サービス
その他の便利機能返済シミュレーション
提携CD/ATMの確認
アプリの評価値(件数)Apple Store:2.2(9件)
Google Pay:4.0(41件)
※2021年6月22日時点

大手消費者金融のような「アプリからの借入・返済」や「スマホATM取引」などは利用できませんが、必要書類の提出はアプリから可能です。

オリックスグループでは旅館やホテル、レンタカーなどの事業も行っているため、vipローンカードの会員になると、それらのサービスがお得に利用できることも大きな魅力です。

アプリの特徴 おすすめの方
・会員向けサイトの「MEMBER’S SMART COUNTER」にアクセスできる
・アプリからは借入・返済ができない
・スマホATM取引には対応していない
・まとまった資金を借りる方
・オリックスグループのホテルやレンタカーを利用する方

借入金額は30万円からなので、1万円といった小口の借り入れはできませんが、上限金利は「年1.7%」と消費者金融と比べてもかなり低くなっています。

そのため300万円や400万円など、ややまとまった借り入れをしたい方であればvipローンカードの方がおすすめで、借入金額が高いほど適用金利は消費者金融よりも低いことが期待できます。

消費者金融アプリでお金を借りるまでの流れ|アイフル公式アプリで紹介

消費者金融アプリであれば即日融資だけでなく、スマホATM取引によってスマホだけ(ローンカード不要)で借りられます。

また、アプリの利用によって返済の管理もしやすくなり、必要書類などもカメラで撮影するだけで提出可能です。

実際にアイフル公式アプリによって借り入れする場合には、以下のような流れになります。

アイフル公式アプリで借入手順
  1. アイフル公式アプリをインストール
  2. 新規申込をタップ(24時間365日受付)
  3. 「簡単申込」または「通常申込」のどちらかを選びタップ
  4. 申込情報を入力して送信
  5. 本人確認書類をアプリから送信
  6. 審査開始
  7. 「最短25分」で審査結果が電話またはメールで通知
  8. Webで契約
  9. 借入開始(スマホATM取引・振込キャッシング)

アイフル以外の他の大手消費者金融でも審査結果は30分ほどで分かり、審査が通ればスマホATM取引によってすぐ借りられます。

また、他の大手消費者金融の公式アプリからの借り入れも、アイフル公式アプリとほぼ同じような流れになり、必要書類などもアプリから提出可能です。

大手消費者金融で利用できる「スマホATM取引」の借入方法|アイフル公式アプリで紹介

スマホATM取引であればローンカードが不要になり、契約後すぐにコンビニATMから借入可能です。

アイフルのスマホATM取引での借り入れ方法は以下の通りです。

アイフルのスマホATM取引の借入手順
  1. アプリを起動してログイン
  2. アプリTOP画面の「スマホATMで融資」をタップ
  3. ATMに表示されている「スマートフォンで取引」を選択(利用するコンビニATMで操作します)
  4. ATMにQRコードが表示
  5. アプリにQRコードを読み込み
  6. アプリに「企業番号」が表示
  7. ATMに「企業番号」と「暗証番号(契約時に設定)」を入力
  8. 借入金額を入力して借り入れ

今回はアイフルのスマホATM取引の流れを紹介していますが、他の大手消費者金融のスマホATM取引に関しても同じような流れになります。

基本的にはATMに表示される「QRコード」をアプリに読み取らせ、さらにアプリに表示される「企業番号」をATMに入力することで、取引が開始できます。

通常、ATMからの借り入れにはローンカードが必要になりますが、アプリの利用によってスマホだけで取引できるので、郵便物なども発生しません。

おすすめの銀行アプリ5選|銀行アプリなら低金利で必要書類の提出も簡単

銀行アプリからカードローンを申し込むことで、消費者金融よりも低い金利で借りられます。

また銀行アプリの利用によって、カメラ機能を使った必要書類の提出ができるため、WEBから申し込むよりもおすすめです。

さらに銀行アプリによっては、カードローンの借入状況や借入可能額をTOP画面ですぐ確認できるものもあるので、返済の管理がしやすくなるなど、さまざまなメリットが得られます。

ただ、各銀行がリリースしているアプリというものは消費者金融のアプリと違い、アプリからの借り入れや返済などは基本的にはできません。

一部の銀行アプリであれば振込キャッシングや臨時返済などができますが、基本的には自行が発行しているカードローンの申し込みまでしかできません。

そのため、カードローンと紐付けられている銀行アプリは、どちらかというと「カードローン申込専用アプリ」としてリリースされているものが多く、それを把握したうえで銀行アプリを利用することがポイントです。

その他、銀行のカードローンの場合には、利用する銀行口座の登録が必要なところもあるので、事前に確認しておく方がいいでしょう。

「楽天銀行アプリ」ならアプリから必要書類を提出可能|楽天会員なら審査を優遇してくれる

楽天銀行アプリ

銀行のカードローンのなかでも人気の「楽天銀行スーパーローン」は、「楽天銀行アプリ」から申し込めます。

パートやアルバイト、専業主婦の方なども融資の対象としているので、幅広い層の方に利用できることが特徴です。

アプリ楽天銀行アプリ
カードローン楽天銀行スーパーローン
金利年1.9〜14.5%
借入金額最大800万円
口座開設不要
審査スピード数日程度
アプリでの借入・返済
必要書類アップロード機能
生体認証サービス○(指紋認証・顔認証)
借入状況確認サービス
カードローンで便利な機能必要書類の提出
ATM検索
アプリの評価値(件数)Apple Store:4.6(44.7万件)
Google Pay:4.3(5.9万件)
※2021年6月22日時点

楽天銀行アプリからカードローンを申し込むには、TOP画面右下(ログイン不要)にある「カードローン」をタップし、さらに「申込ボタン」から申し込みフォームを記入・送信するだけです。

また、アプリのTOP画面には「本人確認書類などを送る」のボタンがあり、そこからカードローンで必要な本人確認書類や収入証明書などを画像ファイルとして提出できます。

アプリの特徴 おすすめの方
・アプリで必要書類を簡単に提出できる
・ATM検索があり対応ATMが探しやすい 
・楽天会員が上位ランクの方
・楽天ポイントを貯めている方
・主婦・パート・アルバイトの方

アプリからの借り入れや返済などはできませんが、楽天銀行スーパーローンを検討している方であれば必要書類を簡単に提出できるので、少なからずメリットは得られます。

ちなみに、楽天銀行スーパーローンは、楽天会員が上位ランクであるほど審査を優遇してくれるので、楽天会員の方であれば審査通過にも期待ができます。

三井住友銀行の「カードローンアプリ」なら最短翌営業日に借りられる

「三井住友銀行カードローン」は、最短翌営業日には審査結果が分かり、三井住友銀行口座を持っていればキャッシュカードですぐに借りられます。

三井住友銀行口座を持っていない方でも申し込みは可能で、その後の口座開設なども求められません。

公式アプリ「カードローンアプリ」の利用によって、必要書類の提出はとても楽になるため、WEBから申し込むよりもおすすめです。

アプリ三井住友銀行のカードローンアプリ(カードローン申込専用アプリ)
カードローン三井住友銀行カードローン
金利年1.5〜14.5%
借入金額10万円〜800万円
口座開設不要
審査スピード最短翌営業日
アプリでの借入・返済△(振り込みでの借り入れのみ)
必要書類アップロード機能
生体認証サービス
借入状況確認サービス
カードローンで便利な機能振込での借り入れ必要書類の提出
返済シミュレーション
店舗・ATM検索
アプリの評価値(件数)Apple Store:3.3(31件)
Google Pay:3.6(141件)
※2021年6月22日時点

アプリからの借入・返済はできませんが、借り入れ後の借入残高や返済期日などはアプリから手軽に確認できます。

また、事前の手続きを済ませることで(カードプラザに連絡)アプリから振り込みによる借り入れも可能です。

アプリの特徴 おすすめの方
・カードローン申込専用アプリだから申し込みしやすい
・「振り込み」で借り入れできる借入状況を確認できる
・返済シミュレーションがある
・生体認証はない
・三井住友銀行口座を持っている方
・申込後すぐに借り入れしたい方
・アプリで借入状況を管理したい方
・アプリから借り入れしたい方 

ただ、生体認証には対応していないので、パスワードなどのセキュリティ管理はしっかり行うことが求められます。

三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」は申込専用アプリから簡単に申し込める

三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」も口座開設は求められず、最短翌営業日には審査結果が分かります。

カードローン申込専用アプリ(バンクイック)の利用によって、「必要書類の提出」だけでなく「お借入診断」や「返済シミュレーション」といった機能も使えるため、カードローンが初めての方には有効的です。

アプリバンクイック(カードローン申込専用アプリ)
カードローンバンクイック
金利年1.8〜14.6%
借入金額10万円〜500万円
口座開設不要
審査スピード最短翌営業日
アプリでの借入・返済
必要書類アップロード機能
生体認証サービス
借入状況確認サービス
カードローンで便利な機能お借入診断返済シミュレーション
必要書類の提出
アプリの評価値(件数)Apple Store1.4:(13件)
Google Pay:3.8(19件)
※2021年6月22日時点

アプリから必要書類を提出する場合には「バンクイックの口座番号」が必要ですが、新規として申込む際には「0(ゼロ)」を「7桁」を入力すると書類アップロード画面に入れます。

口座番号の入力フォームに「0000000」と打ち込こむだけです。

「お借入診断」の機能は、年齢、性別、独身・既婚、他社の借入金額をそれぞれ入力すると、審査の期待値がすぐに分かります。

「返済シミュレーション」は、借入金額、返済月数、借入利率をそれぞれ入力すると、毎月の返済額だけでなく返済期間などもひと目で分かるため、返済計画なども簡単に立てやすくなります。

アプリの特徴 おすすめの方
・カードローン申込専用アプリだから申し込みしやすい
・借入診断機能で審査の期待値がすぐ分かる
・2つの返済シミュレーションで返済の管理がしやすい
・申込後すぐ借りたい方
・審査が通るかどうかすぐ知りたい方
・返済の管理を手軽にしたい方

とは言えバンクイックの申込専用アプリには、借入状況を確認できる機能や振込キャッシングなどの機能は付いていないので、カードローン契約後の利用として使える機能はあまりありません。

「りそなグループアプリ」ならりそな銀行カードローンの繰上返済ができる

りそな銀行の口座を持っている方であれば、りそな銀行カードローンがおすすめです。

金利は「年13.5%」と低く、「りそなグループアプリ」の利用によって、Webよりも簡単に申し込めます。

アプリりそなグループアプリ
カードローンりそな銀行カードローン
金利年3.5〜13.5%
借入金額10万円〜800万円
口座開設必要
審査スピード1週間以内
アプリでの借入・返済△(繰上返済のみ)
必要書類アップロード機能
生体認証サービス
借入状況確認サービス
カードローンで便利な機能「借入残高」と「借入可能額」の確認
ワンタップの繰上返済体験版モード
アプリの評価値Apple Store:4.6(11.3万件)
Google Pay:4.3(8322件)
※2021年6月22日時点

アプリのTOP画面からは「りそな銀行カードローン」の利用状況をすぐに確認できる上、さらに「りそな銀行口座」や「りそなカード(クレジットカード)の利用状況」などもTOP画面からすぐ確認できます。

そのため、りそな銀行ユーザーの方であれば、カードローン契約後でもアプリを有効的に利用できます。

また、アプリには「ワンタップで繰上返済」できる機能もあるので、お金に余裕のある時などに小まめな繰上返済が可能です。

ちなみに「繰上返済」とは毎月の返済(約定返済)とは別扱いの返済になり、少しでも利息を抑えたいのであれば、積極的な利用がおすすめです。

ただ、繰上返済しても毎月の返済が無くなることはないので(りそな銀行の場合)、毎月の返済を忘れないよう口座引落などに設定しておく方がいいでしょう。

アプリの特徴 おすすめの方
・最短3分での申し込み「借入残高」と「借入可能額」がすぐ分かる
・ワンタップで繰上返済ができる
・体験版が利用できる
・りそな・埼玉りそな・関西みらい銀行口座を持っている方
・繰上返済をアプリから手軽に行いたい方
・銀行アプリの使用感を試したい方 

その他にも、りそなグループアプリには「体験版」という独自の機能もあり、アプリの使用感や使い心地などを簡単に体験できます。

りそなグループアプリの体験版

ちなみに「体験版」という機能は他の銀行アプリなどではあまり見かけません。

「PayPay銀行ローンアプリ」ならアプリから借入・返済ができる

「PayPay銀行ローンアプリ」であれば、PayPay銀行カードローンをアプリから借入・返済が行えます。

金利は「年1.59〜18.0%」と消費者金融と変わりませんが、銀行のカードローンをアプリで借りたい方にはおすすめです。

アプリPayPay銀行ローン
カードローンPayPay銀行カードローン
金利年1.59〜18.0%
借入金額10万円〜1,000万円
口座開設必要
審査スピード最短翌営業日
アプリでの借入・返済
必要書類アップロード機能
生体認証サービス○(指紋認証・顔認証)
借入状況確認サービス
カードローンで便利な機能審査状況確認追加の借入・返済
増額審査の申込返済日前のプッシュ通知
テンキー入力
必要書類の提出
アプリの評価値(件数)Apple Store:3.0(63件)
Google Pay:3.6(124件)
※2021年6月22日時点

アプリから借り入れする場合には、TOP画面の「借りる」をタップして借入金額を入力して送信するだけです。

送信後はすぐにPayPay銀行口座に振り込まれます。

また、必要書類の提出などもアプリから出来るため、審査状況も時系列によって「お申込み→仮審査→本審査」と段階的に表示してくれます。

アプリの特徴 おすすめの方
・アプリで申込・借入・返済ができる
・審査状況を見た目で確認できる
・金利は消費者金融と同じくらい
・パターン認証のログイン方法がある
・アプリから借入・返済をしたい方
・生体認証に対応していないスマートフォンの方
・金利が高くても銀行から借り入れしたい方
・PayPay銀行口座を持っている方

PayPay銀行カードローンを利用するにはPayPay銀行口座を作る必要があり、本人確認の審査には3日程度かかります。

銀行アプリでお金を借りるまでの流れ|楽天銀行アプリで紹介

以上のように、銀行アプリの利用によって、スマホだけで簡単に各銀行のカードローンに申し込めます。

アプリからの借り入れや返済は基本的にできませんが、必要書類の提出を考えると最初の申込みはアプリからがおすすめです。

今回は、銀行のカードローンのなかでも人気の楽天銀行スーパーローンを例にして、アプリで借りる方法と本人確認書類の提出方法をそれぞれ簡単に紹介します。

楽天銀行アプリからカードローンを借りるまでの流れ|融資までには「3〜4日」程度

楽天銀行アプリを利用したカードローンの借り入れは以下のような流れになり、楽天IDがなくてもログイン不要で申込画面に入れます。

楽天銀行アプリのカードローン借入手順
  1. 楽天銀行アプリをインストール
  2. TOP画面の右下にある「カードローン」をタップ(ログイン不要)
  3. 楽天銀行スーパーローンのTOP画面に遷移
  4. TOP画面の「申込ボタン(楽天IDあり・楽天口座あり・楽天口座なし)」をタップ
  5. 申し込みフォームに必要事項を記入・送信
  6. 受付メールを受信(書類提出で必要な「受付番号」が記載されてあります)
  7. 仮審査開始
  8. 仮審査結果を電話で通知&必要書類の案内(最短翌営業日)
  9. 楽天銀行アプリから必要書類を提出
  10. 本審査開始(勤務先への在籍確認)
  11. 本審査結果をメールで通知(2〜3日営業日)
  12. Webで契約(翌日にローンカードを発行)
  13. 借入開始(ATMまたは振り込み)

楽天銀行スーパーローンの場合には、アプリから申し込むといっても楽天銀行のWebサイトに遷移するだけなので、実際にはパソコンからの申し込みと変わりません。

新規で申込む場合には「楽天IDあり」「楽天銀行口座あり」「楽天ID・口座なし」から自身が該当するリンクボタンを選び、申し込みフォーム画面に入ります。

申し込みフォームに必要事項を記入・送信すると、すぐに仮審査が開始され、翌営業日には電話によって仮審査の結果と必要書類の内容が伝えられます。

3日以内に必要書類を楽天銀行アプリから提出すると(郵送も可能です)、2〜3営業日には審査結果が分かり、契約後には振込キャッシングによってすぐに借入可能です。

楽天銀行アプリから必要書類の提出方法

楽天銀行アプリから必要書類を提出するときにもログインは不要です。

本人確認書類など必要な書類を事前に用意して、アプリの指示通りに作業すれば数分ほどで提出できます。

楽天銀行アプリのTOP画面にある「本人確認書類などを送る」をタップすると、作業を開始できます。

楽天銀行アプリで必要書類を提出する手順
  1. 楽天銀行アプリをインストール
  2. TOP画面の中央にある「本人確認書などを送る」をタップ(ログイン不要)
  3. 「スーパーローン申込」をタップ
  4. 「受付番号」と「生年月日」を入力
  5. 提出する書類の種類を選択
  6. 「撮影開始」をタップして撮影開始
  7. 「提出する」をタップして提出完了

「受付番号」は審査開始後に送信される「お手続きお願メール」に記載されています。

書類を撮影する際の背景は「白」や「黒」はNGです。

また、光が反射していたり影が写り込んだりしていると、再提出を求められる場合があるので、適度に明るい部屋で撮影する方がいいでしょう。

お金を借りられるスマホ決済アプリ3選|スマホ決済アプリならもっと手軽に借りられる

「スマホ決済アプリ」でも、いくつかお金を借りられるアプリがあります。

主に「LINEポケットマネー(LINE Pay)」「auPAY」「PayPay」の3つがあり、普段から買い物などで利用している方であれば、消費者金融アプリや銀行アプリよりもスムーズに借りられておすすめです。

スマホ決済アプリでお金を借りる場合には、アプリ本体にある「ミニアプリ(インストール不要)」を利用することになり、「LINE」「auPAY」「PayPay」でも各アプリにあるミニアプリから申し込み手続きなどを行います。

スマホ決済アプリの金利は消費者金融アプリと同じくらいで、上限は年18.0%です。

「LINEポケットマネー」なら100日間利息0円で借りられる(借入金額55万円以下)

無料通話アプリLINEにはミニアプリの「LINEポケットマネー」があり、「年3.0〜18.0%」の金利で「5万円〜300万円」まで借りられます。

スマホ決済アプリ「LINE Pay(LINE Moneyアカウント)」への登録が必要ですが、LINEだけで申し込み手続きから借入・返済まですべてが完結します。(※LINE Payの登録はLINEからできます)

そのため、LINEに慣れ親しんでいる方や普段からLINEをよく利用されている方であれば「LINEポケットマネー」からの借り入れがおすすめです。

アプリLINE
サービス名(ミニアプリ)LINEポケットマネー
金利年3.0〜18.0%
借入金額5万円〜300万円(LINE Payへチャージ)
口座開設不要(※LINE Payの登録は必要です)
審査スピード1週間程度
アプリでの借入・返済
必要書類アップロード機能
生体認証サービス○(指紋認証・顔認証)
借入状況確認サービス
その他の便利機能LINE Payを使った決済・送金
銀行振込・コンビニATMでの現金化返済日のLINE通知

借入金額ごとにプランがあり55万円以下であれば「スタートプラン」が適用され、実質「100日間は利息0円」で借入可能です。

また、返済日になるとLINEから通知が届き、LINE Pay残高や指定口座から自動引落によって返済していきます。

ただ「LINEポケットマネー」の借り入れは、現金ではなく「LINE Payへのチャージ」によって行われるため、利用者ごとに確認が必要です。

仮に現金として受け取りたい場合には、一度LINE Payから銀行振込によって必要な金額を入金させる必要があるため、一般的なカードローンとは借入形態が異なります。

LINEポケットマネーの特徴 おすすめの方
・現金でなくLINE Payでしか借りられない
・LINE Payから銀行振込すれば現金で受け取れる(コンビニATM)
・初回契約日から100日間は無利息期間で借りられる(限度額55万円以下)
・LINEスコアで「借入限度額」と「金利」が決まる
・より手軽に借りたい 方
・LINEの利用が多い方
・少額の借り入れをしたい方

「LINEスコア」という独自の信用情報スコアによって審査されますが、融資までには数日から1週間ほどみておく方がいいでしょう。

「au PAYスマートローン」なら「au PAYチャージ」か「銀行振込」で即日融資が可能

スマホ決済アプリの「au PAY」にはミニアプリの「au PAYスマートローン」があり、「年2.9〜18.0%」の金利で「1万円〜100万円」まで借り入れできます。

auユーザーでなくても借り入れできますが、事前に「au ID」への登録と「au PAY」のインストールが必要です。

最短30分で審査結果が分かるため即日融資によって借りられます。

アプリau PAY
サービス名(ミニアプリ)au PAYスマートローン
金利年2.9〜18.0%
借入金額1万円〜100万円(au PAYチャージ・口座振込)
口座開設不要(※au PAYの登録は必要です)
審査スピード最短30分
アプリでの借入・返済
必要書類アップロード機能
スマホATM取引セブン銀行ATM(返済のみ)※2021年6月時点
生体認証サービス○(指紋認証・顔認証)
借入状況確認サービス
その他の便利機能au PAY残高チャージ 

auユーザーの方であれば、そのまま「au ID」によって申し込みフォームを自動で入力出来るため、銀行口座の登録をしていれば本人確認書類の提出も不要です。

そのため、口座登録を済ませているau PAYの利用者の方であれば、入力フォームや書類の提出などしなくても申し込めます。

借入方法はau PAYにそのままチャージする「au PAYダイレクトチャージ」と、指定の銀行口座に振り込む「口座振込」の2つから選べます。

au PAYスマートローンの特徴 おすすめの方
・auユーザー以外でも借入可能
・au IDで申込フォームを自動入力
・口座登録で本人確認書類が不要になる
・借入方法は「au PAYダイレクトチャージ」と「口座振込」の2つ
・スマホATM取引で返済できる(セブン銀行ATM)
・auのユーザーの方
・au PAYで借りたい方
・即日融資で借りたい方 

au PAYスマートローンは、スマホATM取引(セブン銀行ATM)にも対応していますが、セキュリティ上の観点からか2021年6月時点では、返済だけの利用に限られます。

PayPayのミニアプリ「お金を借りる」ならPayPay銀行カードローンに申し込める

スマホ決済アプリのなかでも人気の「PayPay」にはミニアプリの「お金を借りる」があり、PayPay銀行カードローンの申込みが可能です。

ミニアプリの「お金を借りる」からは借入・返済などはできないため、実際にはPayPayカードローンに申し込めるだけ、といった利用に留まります。

アプリPayPay
サービス(ミニアプリ)「お金を借りる」
カードローンPayPay銀行カードローン
金利年1.59〜18.0%
借入金額10万円〜1,000万円
口座開設必要
審査スピード最短翌営業日
アプリでの借入・返済
必要書類アップロード機能
生体認証サービス○(指紋認証・顔認証)
借入状況確認サービス
その他の便利機能カードローン契約1秒診断

融資内容は上記で紹介しているPayPay銀行アプリ(PayPay銀行カードローン)と同じで、金利は「年1.59〜18.0%」借入金額は「10万円〜1,000万円」までです。

ミニアプリの「お金を借りる」には目立った機能はなく、PayPayを通してPayPay銀行カードローンに申し込めるだけです。

ただ、PayPayから申込むとお得なキャンペーンを受けられる場合があり、キャンペーンが行われている場合、PayPayから申込む方がお得になる場合があります。

PayPayの「お金を借りる」の特徴 おすすめの方
・PayPay銀行カードローンに申し込める
・お得なキャンペーンを受けやすい 
・PayPayを利用している方
・PayPay銀行口座がある方
・PayPayカードローンを利用したい方
・キャンペーンを狙っている方

PayPayの「お金を借りる」の唯一の機能としては「カードローン契約1秒診断」があり、審査の期待値がすぐに確認できます。「年収」と「他社借入金額」を入力するだけで「予想限度額」と「予想金利」が瞬時に分かります。

実際に「カードローン契約1秒診断」を使ってみたところ「年収300万円」「他社借入10万円」の場合には、予想限度額が「140万円」予想金利は「年15.0%」といった結果でした。

スマホ決済アプリでお金を借りるまでの流れ|LINEポケットマネーで紹介

スマホ決済アプリを使った借り入れであれば「LINE Pay」や「au Pay」など、普段から利用しているコード決済へ直接チャージできます。

実際にLINEポケットマネーを使った借り入れまでの流れは以下のようになります。

LINEポケットマネーの借入手順
  1. 事前に「LINE Pay」と「LINEスコア」を登録
  2. LINEの「ウォレット」(TOP画面右下)から「LINEポケットマネー」をタップ
  3. 「スタートプランに申込む」をタップ
  4. カメラ機能で本人確認書類を提出(すでに「LINE Pay」で本人確認書類を提出している場合は不要)
  5. 必要事項(空欄箇所のみ)を入力
  6. 「申込む」をタップ
  7. 審査開始
  8. 審査結果をLINEのメッセージで通知
  9. LINEで契約内容を確認
  10. 借入開始

前述していますが、LINEポケットマネーを利用する場合には、事前に「LINE Pay」への登録が必要です。

「LINE Pay」への登録は、LINEのTOP画面右下にある「ウォレット」から行えます。

また「LINEスコア」も事前に登録しておく方がスムーズに申し込めるので、こちらもウォレットの「スコア」という項目から登録しておく方がいいでしょう。

「LINE Pay」と「LINEスコア」の登録が済んだら、LINEポケットマネーを開きます。

TOP画面には「スタートプランに申込む」があるので、そちらをタップします。

すると、本人確認書類の提出と申込みフォームを求められるので、それぞれを送信すると申し込みは完了です。

審査結果は早ければ数日程度で完了しますが、混み具合によっては1週間程度かかる場合もあります。

審査が通るとLINEからメッセージで契約内容を送付されるので、それに同意をするとすぐにLINE Payへのチャージによって借り入れできます。

LINE Payの登録方法|LINEポケットマネーで借りるには「LINE Money」アカウントタイプで

LINEポケットマネーを利用するには「LINE Pay」への登録が必要です。

「LINE Pay」の登録方法は以下の通りです。

LINE Payの登録手順
  1. LINEをひらく
  2. TOP画面右下の「ウォレット」をタップ
  3. 「今すぐLINE Payをはじめる」をタップ
  4. 利用規約に同意して「新規登録」をタップ
  5. パスワードを設定
  6. 登録完了

また「LINE Pay」には「LINE Cash(ラインキャッシュ)」と「LINE Money(ラインマネー)」という2つのアカウントタイプがあり、「LINEポケットマネー」を利用するには「LINE Money」のアカウントタイプが必要です。

「LINE Money」のアカウントタイプにするには「LINE Pay」で本人確認を済ませるだけです。

本人確認をするには「LINE Pay」の設定画面にある「本人確認」から行えます。

自分にマッチしたアプリを使ってストレスフリーな借り入れを

お金を借りるアプリは大きく分けると「消費者金融アプリ」「銀行アプリ」「スマホ決済アプリ」の3つがあり、それぞれ特徴が異なります。

「消費者金融アプリ」であれば、申し込みだけでなく借入・返済もできますが、「銀行アプリ」は基本的に申し込みをサポートするだけで、借入・返済はできません。

また「スマホ決済アプリ」でお金を借りる場合には、「LINE Pay」や「au Pay」などへの事前登録が必要です。

アプリを使った借り入れであれば、郵送物なども発生しにくく「家族などにバレたくない!」といった方にも有効的です。

ただ、アプリを使った借り入れは、スマホのセキュリティ管理を徹底しておく必要があり、アプリがメンテナンスになった場合の対応策なども求められます。

自身にマッチしたアプリを最大限に活用して、ストレスフリーな借り入れを行ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました