保険のことならネクサス

2021年8月23日 / お役立ち情報 住宅修理サービスなどとのトラブルに注意

 住宅修理サービスなどとのトラブルに注意

住宅修理サービスなどとのトラブルに注意

最近SNS等でも良く見かけるようになりましたが、「保険金が使える」「平均***万円受け取れる」といったような住宅修理のサービスがあるのをご存知でしょうか。
台風・豪雨・大雪・地震などの自然災害の後に需要が増える家屋などの修理を保険金の請求と共に、お手伝いをしてくれるといったサービスです。
一見良心的なサービスのようにも思えますが、業者とお客様の間でのトラブルも増えてきているようです。

トラブル事例

事例① 住宅修理に関するトラブルの例 (引用・一般社団法人 日本損害保険協会HP)
 数日前、災害を調査している機関を名乗った電話があり「負担額なく屋根の修理ができる」と言われたので自宅に来てもらった。自宅に来た業者は、「大雪の影響で屋根の樋がずれている。費用は保険会社から出るのであなたの負担はない。保険会社との交渉はすべて業者が行う」と言われたので、負担額がなくできればよいと思い契約書に印鑑を捺した。
書面はすべて業者が持ち帰ったので手元にない。契約書が手元にないうえ「当社で工事をしなかった場合は、保険金の4割を支払ってもらう」と言われており不安だ。解約したい。

事例② 保険金請求代行業者に関するトラブルの例 (引用・一般社団法人 日本損害保険協会HP)
 インターネットで、「保険金請求を行う際に必要な、災害での被害状況説明のお手伝いを行っています」と書かれたサイトを見つけ、連絡を取った。後日、事業者が自宅に来訪し、「火災保険で外壁、雨樋、ベランダの手すりの修理ができる。申請の手伝いをするが、完全成功報酬型で、保険金が支払われた時にのみ保険金の30%を請求する」という説明を受けて契約をした。その後保険金が100万円下りたので、住宅メーカーに修理を依頼したところ、70万円では修理できないといわれてしまった。
100万円の保険金に対して、30万円の報酬は高額過ぎるのではないか。
 

保険金の請求はご自身で行うことができます!

業者から次のような勧誘がありましたら、トラブルに巻き込まれる可能性がありますので、契約する前に消費生活センターやご加入の代理店、保険会社などへご相談ください。
 ・保険金が支払われるように被害診断をして保険請求手続を代行するという勧誘
 ・保険金請求代行のコンサルタント料(報酬金)は、支払われた保険金で対応できるという勧誘

(引用・一般社団法人 日本損害保険協会HP)

                        (引用・一般社団法人 日本損害保険協会HP)

                        (引用・一般社団法人 日本損害保険協会HP)                               

※うその理由による保険金請求は保険金詐欺に該当する恐れがあります。

より詳しい情報が、一般社団法人 日本損害保険協会のページにも掲載されております。
気になる方は、以下のリンクより詳細をご確認ください。

https://www.sonpo.or.jp/news/caution/syuri.html

火災保険のご相談は弊社でも可能です。お気軽に保険クリニックへお越しください。

 

  • LINE公式アカウント

CONTACT

保険に関するご質問など、お気軽にお問い合せください。